安心で効率的な積み立てFXを学ぼう

>

貯金と積み立てFXは何が違うのか

運用する積立金が違う

積立貯金をしている場合、どこも金利が安くて、何だか貯金しても面白みがないと思っていませんか。
遠い昔、いわゆるバブル崩壊以前の日本では今では考えられない程に、高い金利がついていたこともあります。
貯金すれば、金利だけで生活できるとさえ言われていたこともありました。
しかしそんな話など、まるでおとぎ話のように聞こえる近年では、雀の涙ほどの金利しか見込めません。
こうした金利の面でいえば、FX取引はかなりの高額な金利が発生します。しかしデメリットも大きいことを忘れてはいけません。
同じ金利の分だけ損失が生じる可能性もあるのがFX取引の怖いところです。
積み立てFXではFX取引ほどの金利はないものの、損失もないのです。

リスクが低い分安定して運用できる

FXと積み立てFXを比較すれば、積み立てFXの方が金利が低いということではあります。
でも通常貯金するよりもずっと高い金利の中での運用です。
例えば100万円の貯金を予定している場合、100万円にどれほどの金利が付くでしょう。
それが10年経過して、金利はどうなっているでしょう。
長期的スパンで検討すると積み立てFXと一般的貯金での金利を算出すればどれほどの利益が生じるか分かるかと思います。
そしてFXと積み立てFXの違いは他にもあるのです。
積立金の違いです。ここは意外に大きなお話です。
積立金が高いと、それだけ不安感が大きくなります。自分の資産ですからなるべく損したくないのが人間の心情です。
積み立てFXは1ドルから可能なのです。これは不安も少ないところでしょう。
こうして安心感を得られるというのも積み立てFXの良さと言えます。


この記事をシェアする
B!